ピアノ買取店が教える本当のピアノを売る時期!実はいつでも変動なし

時計アイコン 2022年10月28日(公開:2021年12月24日)
ピアノ買取店が教える本当のピアノを売る時期!実はいつでも変動なし

今回はピアノが高く売れる時期に関して、ピアノ買取店「ピアノワン」がご紹介します。

ピアノを売る時期はいつでもOK。買取価格は一年通じて大きな変動無し。

ヤマハピアノ 結論から申し上げるとピアノを売る時期はいつでもOKです。年間通じて買取価格の上下もほとんどありません。 よくクリスマスシーズンの11月、12月や引っ越しシーズンの3月、4月が高く売れると言った憶測がございます。ですが、実際に買取を行っている弊社では一年を通じて、この時期に売ると価格が上がるなどはございません。   12月のクリスマスシーズンや4月の新年度シーズンは、新たにピアノを購入される方が多い季節であることは確かですが、現状は多くのピアノ買取業者で海外への輸出が多く、日本の販促イベントに合わせ買取価格を高くすることは無いと言えるでしょう。   引っ越しシーズンの3月、4月は確かにピアノ買取を依頼するお客様も増えます。当然、ピアノ買取店も買取件数が増え、在庫を多く抱える時期となります。過剰に在庫を抱えることは当然、リスクになるため、買取価格を特別に上げて買い取る事は考えにくいです。

ピアノの生産台数が減少しているのも、売る時期によって買取価格が変動しない理由の一つ

ヤマハとカワイピアノは海外で高い評価 ヤマハ、カワイの国産ピアノは海外で高い評価と信頼を得ています。それは最新のモデルのみではなく、30年前のピアノでもまだまだ十分に需要があり、世界中でヤマハ、カワイのピアノを求める人がいます。ある意味、日本のブランドのピアノを持つことがステータスにもなっています。 近年では、その傾向がより強く見られ、国内で買い取ったピアノを海外へ販売する割合が多くなっています。 そもそも、ピアノの生産台数は年々、減少傾向にあります。ヤマハは1970年~80年代の間、1年間で約20万台販売していたのですが、現在では1年間で2万台程度の販売となっています。海外での人気は高まる中、国内生産台数は減る。つまり、1台1台の希少価値が高まっているのです。 ここも年間通じて、買取価格が変動しない理由の一つです。

買取を検討している人は思い立ったが吉日

上記でご紹介した通り、時期によって買取価格の変動はほとんどありません。勿論、一概にすべての買取業者に当てはまる訳ではありませんのでその点はご容赦ください。弊社の場合は、時期によって変動しません。 ピアノは経年と共に劣化し、買取価格も年式が影響します。少しでもピアノを高く売りたいとお考えの方は、思い立ったが吉日です。

この記事を書いた人

東和樹

東和樹

ピアノワン買取責任者
大切なピアノの最後を気持ちよく迎えられるよう、何よりも丁寧なサポートを心がけて業務を行っております。些細な事でもお気軽にご相談ください。

メールアイコン ラインアイコン 電話アイコン